看護師のキャリアと離職事情

より高みを目指して活躍できる看護師になりたいと考え、数ある求人から大きい病院を選ぶ人が大勢います。待遇が良いだけでなく、専門看護師や認定看護師になるためのキャリア支援制度がしっかりとしていて資格の取得の目指しやすさがメリットとして注目される道です。

福利厚生などの待遇面でも育児支援制度がしっかりとしている場合が多いのが大きい病院の特徴であり、キャリアを構築して将来的にも活躍できる看護師になろうと考える女性が選ぶ典型的な道となっています。

しかし、実際に結婚して出産をしてみると子供が可愛くなってしまって、すぐに復職するという選択がしづらくなりがちです。育児休暇後に戻るつもりが結局退職してしまって、当面は育児に専念するというのはよくあります。その結果として10年程度のブランクを作ってしまう人も少なくありません。そうなってしまえば、もはや看護師長になるような管理職を目指す道は難しくなってしまうどころか、大きい病院への再就職もあまりにブランクが気にかかって決断できなくなってしまいます。

しかし、そうなっても構築してきたキャリアが完全に無駄になるわけではありません。再就職するのを決意した際に豊富な経験や資格が注目されて有利になったり、パートやアルバイトをするのに採用されやすくなったりするという恩恵は受けられます。本来の目的とは違ってしまったとはいえ、結局は若い頃の努力が生きて、主婦になってからも役立っているケースが多くあるのです。せっかく看護師免許を持っているのなら、できるだけ活かした方が良いでしょう。